自己破産のブラックリストが住宅ローンに与える影響

自己破産後の住宅ローン

借りられるのはいつ?

メインイメージ

自己破産のブラックリストが住宅ローンに与える影響

自己破産経験のある人は、新たに住宅ローンが組めるのでしょうか。

個人信用情報は、大きく分けて5つのものがあります。

銀行などが加盟しているのは「全国銀行個人信用情報センター」というところになります。

自己破産は官報に記載される情報で、全国銀行個人信用情報センターでは「10年を超えない期間」保存されることになっています。

10年経過すれば、住宅ローンが組めるというのが、建前ではあります。

しかし人の人生は短いもの。

自己破産から10年経過したときの年齢を考慮したら、おのずと住宅ローンを組むことができるかどうかが、現実的にわかるというものです。

住宅ローンの申し込み自体は、自己破産の記録があるなしにかかわらず、いつでもできます。

しかし、審査は通らないでしょうし、ローンの申し込みをしたという記録自体も、1年間残ります。

あらたなローンの申し込みを考えるなら、10年という長い間まとまった額の借金はできないと観念した方がいいでしょう。

また、一度失われた信用を立て直すためにも、正社員でしっかり定額の給料が振り込まれるメインバンクを持ち、貯金などをしながら、次のステップへの準備をする必要があります。

まとまった額の頭金があれば、住宅購入する際にも、余裕が全く違ってきます。

NPO法人任意売却サポートテラス
自己破産後の住宅ローン Copyright (C) biglink.biz. All Rights Reserved.